与信情報(2014年)

【企業分析講座~決算書の現況調査法④~】

2014年6月 6日更新

預金は残高証明書や通帳と帳簿を比べ、相違がないかを確認することが重要です。現金勘定は現金以外のものが含まれている場合、換金が容易かどうかチェックが必要です。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法③~】

2014年5月23日更新

内部資料について信頼性が薄い場合には、在庫の実地棚卸や外部債権者・債務者への残高確認などを行い、外部証拠によって判断することも必要です。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法②~】

2014年5月16日更新

貸借対照表の中に記載されていない簿外勘定がないか、また不良債権の有無や、不良資産の評価減が適切に行われているかを検討する必要があります。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法~】

2014年5月 2日更新

調査の目的は、取引・投資の可否などの意識決定をすることにあり、信用調査に際しては比率の議論だけでなく、貸借対照表の構造を理解し、財産状況を分析し把握することが重要です。

詳しくはこちら

【企業分析講座~現預金回転期間②~】

2014年4月25日更新

現預金回転期間は、1ヶ月以上を基準とし、高いほど資金繰りが安定、倒産危険度が低いとされます。ただし、現預金回転期間には拘束性預金も含まれている場合があり、注意が必要です。

詳しくはこちら

<前へ1234| 5| 678次へ>

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop