与信情報(2014年)

【企業分析講座~現預金回転期間①~】

2014年4月18日更新

現預金回転期間とは、営業上の支払いのための準備資金が何ヵ月分あるかを示す指標であり、企業の安全性を分析する際に用いられます。「現預金回転期間(ヵ月)=現預金/月商」

詳しくはこちら

【企業分析講座~自己資本比率②~】

2014年4月11日更新

自己資本比率が高いほど、負債の返済に余裕があり、安定的です。業界にもよりますが、一般的な目安では、10%未満は過小、15〜25%程度で平均的、30%以上で安心といわれています。

詳しくはこちら

【企業分析講座~自己資本比率①~】

2014年4月 4日更新

自己資本比率とは、総事業資金調達額に占める自己資本の割合で、企業財務の健全性・安定性を総合的に表す指標です。「自己資本比率(%)=自己資本/総資本×100」

詳しくはこちら

【企業分析講座~借入依存度②~】

2014年3月28日更新

一般的に健全な財務状態の会社であれば借入依存度は30%以下が普通です。業種によって異なりますが、卸売業で50~55%、製造業で60~65%程度を超えると危険水準といえます。

詳しくはこちら

【企業分析講座~借入依存度①~】

2014年3月20日更新

借入依存度とは、総資本に占める借入金の割合を表し、主に外部資金が資産規模に対して適当な水準であるかを判断するための指標です。「借入依存度(%)=総借入/総資本×100」

詳しくはこちら

<前へ12345| 6| 78次へ>

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop