与信情報

【企業分析講座~決算書の現況調査法38~】

2015年4月10日更新


【企業分析講座~決算書の現況調査法38~】時価、償却額の算定から簿価の妥当性を検討し、含み損益がある場合は評価の増減額を行います。その際は、技術革新などによって陳腐化していないかを確認します。

前のページへ戻る
エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop