与信情報(2015年)

【企業分析講座~決算書の現況調査法50~】

2015年7月10日更新

【企業分析講座~決算書の現況調査法50~】 担保として提供している資産や第三者の個人保証を把握します。また社有や一族の不動産登記簿を確認し、表示がない金融機関から抵当権、根抵当権の設定がある場合は簿外債務の存在が疑われます。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法49~】

2015年7月 3日更新

【企業分析講座~決算書の現況調査法49~】割引手形は決算書の注記に記載されるのが普通ですが、記載していない場合があるので、受取手形勘定の分析を行う中で確認をします。借入金の規模を把握する為にしっかり確認することが必要です。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法48~】

2015年6月26日更新

【企業分析講座~決算書の現況調査法48~】借入金は、残高証明書または残高確認状との突合、契約書・手形発行控え、その他証憑との突合を行い、借入金勘定残高の網羅性、実在性の検討を行います。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法47~】

2015年6月19日更新

【企業分析講座~決算書の現況調査法47~】担保は金融機関だけでなく、取引をしている仕入先にも提供している可能性があるため、担保として差し入れている資産や代表者や第三者の個人保証の有無を確認します。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法46~】

2015年6月12日更新

【企業分析講座~決算書の現況調査法46~】直近の仕入高、取引条件との比較分析から簿外手形の有無を確かめます。資金繰り表や月次P/Lの月次仕入額を調べ、平均の支払サイトを掛け合わせて合理的な金額となるかを検討します。

詳しくはこちら

<前へ123| 4| 56789次へ>

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop