与信情報(2015年)

【企業分析講座~決算書の現況調査法35~】

2015年3月20日更新

動産は、勘定残高の実在性を確認し、資産価値が見込めない場合は減額処理を行い、建設仮勘定は、相当期間が過ぎて滞留している場合は、計上の妥当性を疑う必要があります。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法34~】

2015年3月13日更新

不動産鑑定がない場合、登記事項証明書にある面積に路線価、公示価格、標準価格、付近の売買額から土地の単価を推定して評価します。建物は、基本的に償却後の価値で算定します。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法33~】

2015年3月 6日更新

不動産は、登記事項証明書の甲区の所有者を確認し、権利証の閲覧及び帳簿突合などを行い、必要があれば、現地観察をし、勘定残高の実在性を確かめます。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法32~】

2015年2月27日更新

市場性のある有価証券は市場価格を基礎に、市場性のない有価証券は一株あたり純資産額を基礎に、評価額の妥当性を検討し、B/Sの修正のための評価減額の算定を行います。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法31~】

2015年2月20日更新

P/Lの受取利息・配当金を確かめ、計上されている有価証券以外からの配当などがないかを確認します。

詳しくはこちら

<前へ123456| 7| 89次へ>

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop