与信情報(2015年)

【企業分析講座~決算書の現況調査法30~】

2015年2月13日更新

市場性があり一時的所有の場合は流動資産の有価証券勘定に、市場で取引されていない場合や長期保有目的の場合は固定資産の投資有価証券に分けて計上されます。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法29~】

2015年2月 6日更新

質権や譲渡担保が設定され、差し入れている有価証券があれば、契約書等で確認を行い、対応する債務を把握します。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法28~】

2015年1月30日更新

上場株式は残高証明書により確かめます。非上場会社は株主名簿を確認し、株主名簿記載事項証明書の交付を請求します。株券を所持している場合は実在を実査により確認します。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法27~】

2015年1月26日更新

有価証券は、取得価格で計上されることが多いのですが、時価が大きく変化している可能性があるので、時価に評価を修正させます。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法26~】

2015年1月16日更新

棚卸資産の評価額の妥当性を確認し、評価の増減額を算定し、修正B/Sに反映させます。評価の増減額分は、純資産を増減させることでバランスさせます。

詳しくはこちら

<前へ1234567| 8| 9次へ>

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop