与信情報

2014年

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑨~】

2014年9月 5日更新

今後の資金繰り計画を把握することは非常に重要です。資金繰り表の妥当性を確認し、資金不足に陥る恐れがないかを確認することが必要です。

≫詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑧~】

2014年8月29日更新

債務、特に支払手形や振出小切手の期日管理を行う必要があります。管理状況が疎かになっていると、不慮の事故で不渡などが発生し、倒産状態に追い込まれてしまう可能性があります。

≫詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑦~】

2014年8月15日更新

預金利息が平均残高と平均利率を掛け合わせた数値と近似値になっているかを確認し、かけ離れた数値である場合、預金の実在性を疑う必要があります。

≫詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑥~】

2014年8月 8日更新

取引先に担保提供している場合や、固定預金として拘束され銀行が事実上担保として押さえている場合は、対応する買掛債務や借入金が資金繰りに使用できる可能性があるか否か確認が必要です。

≫詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑤~】

2014年7月30日更新

現金は円ばかりとは限らず、外国通貨や外貨預金を行っている場合があります。その場合、レートを調べ、実勢レートで換算されているかをチェックし、レート換算が妥当かを確認します。

≫詳しくはこちら

<前の5件123| 4| 5678次の5件>

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン