月次倒産分析レポート

【倒産分析レポート】(株)ZKR

2013年9月27日更新

1.会社概要、倒産経緯

2001/9月に設立された不動産管理会社。休眠していた分譲地を再生し、シニア層が快適な田舎暮らしができる街づくりを目的として事業を行っていた。その再開発費や状態維持費は土地所有者らが共有で負担しており、また、当事業によって得られるキャッシュフローを裏付けとした高金利の債券を販売し、預託金を集めていた。かかる中、土地購入者との間でトラブルが発生、多くの訴訟を抱え、対外信用力は低下していた。更に近年は、震災の影響などから、需要が大きく後退し、業績面が悪化、資金繰りが逼迫したことから、今回の措置へ至ったもの。グループ会社3社においても同様に民事再生の申立を行っている。

2.決算データ

決算期売上高
(百万円)
営業利益
(百万円)
経常利益
(百万円)
当期利益
(百万円)
自己資本
比率(%)
借入
月商比
(ヵ月)
総資産
(百万円)
棚卸資産
回転期間
(ヵ月)
2012/8 5,320.4 ▲293.0 ▲36.0 ▲20.4 ▲1.9 0.9 13,395.0 14.0
2011/8 6,513.1 236.3 397.7 395.8 ▲2.0 0.8 11,879.2 11.3
2010/8 7,297.7 1,406.5 1,672.1 1,665.3 ▲6.6 0.8 9,618.9 9.5
2009/8 4,239.3 ▲99.4 130.4 ▲2,494.1 ▲35.4 1.2 6,500.4 6.0
2008/8 2,334.4 0.8 21.3 6.3 3.2 2.7 6,003.6 3.2
2007/8 2,244.4 117.7 128.6 89.7 5.9 3.8 3,183.2 0.1
2006/8 1,789.5 43.1 37.7 16.4 3.9 2.7 1,208.5
2005/8 991.2 12.4 32.9 29.5 4.1 0.8 745.3
2004/8 468.8 ▲60.4 ▲40.2 ▲40.2 0.2 2.4 721.9
2003/8 - - - - -

コメント

震災発生後の2011/8期に続き、2012/8期も減収となった中、費用の圧縮が追いつかず、大幅な営業赤字を余儀なくされた。財政面では、総資産が毎期大幅に増加しているが、その大部分は預託金である。業績が悪化し、債務超過状態である中でも、預託金を集め続けていた。

3.データの分析

○棚卸資産回転期間(集計期間:2012/4~2013/3) 2012/8期 14.0ヵ月
棚卸資産回転期間全体2ヵ月未満2~4ヵ月4~6ヵ月6~10ヵ月10ヵ月以上
倒産倍率 1.00倍 0.90倍 1.73倍 2.13倍 3.47倍 2.42倍

4.総評

PDFダウンロード

※PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードが可能です。

前のページへ戻る

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop