月次倒産分析レポート

2015年12月倒産分析レポート

2016年1月29日更新

■2015年12月度の倒産状況
 倒産件数:699件(前年同月比 +1.89%)
 負債総額:3,853億5,300万円(前年同月比 +116.10%)
 倒産件数は、699件となり、前年同月比で1.8%増加し、9ヵ月ぶりに前年同月を上回っています。12月末に船舶運航管理のラムスコーポレーション(株)(東京)がグループの船舶保有会社38社と同時に会社更生手続きの開始決定を受けたことが影響と考えられます。しかし、12月度の倒産件数としては、過去20年間で2014年(686件)に次いで2番目に少なく倒産件数が低水準であることには変わりがないため、12月度で潮目が変わったとは判断がつきにくく、今後の推移に注目する必要があります。

負債総額は3,853億5,300万円と前年同月比で116.1%増加し、2ヵ月連続で前年同月を上回り、2015年度では最大規模となりました。増加した要因としては、(株)MARU(旧:AIJ投資顧問(株)が破産を申請し、負債1,000億円以上の大型倒産が3カ月ぶりに発生したことに加えて、ラムスコーポレーション(株)とグループ会社の負債合計が約1,400億円に膨らんだことが影響したと考えられます。

(株式会社東京商工リサーチ調査による)

≪月次倒産分析レポートページへ戻る

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン