リスモン調べ

ワークライフスタイルの多様化も影響?~『第2回「離婚したくなる亭主の仕事」調査』より~

2015年4月24日更新

夫や妻の仕事が、婚姻関係にどの様な影響を与えているかを調査した本調査において、夫の仕事に対して、妻の約半数(51.7%)は不満を有しているという結果となりました。
一方、夫の仕事が原因で離婚を意識する妻は、わずかに全体の6%程度に留まっていることから、「亭主がまじめに働いていれば、妻が離婚を考えることは少ない」ということを示しています。

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop