リスモン調べ

ワークライフスタイルの多様化も影響?~『第2回「離婚したくなる亭主の仕事」調査』より~

2015年4月24日更新

夫や妻の仕事が、婚姻関係にどの様な影響を与えているかを調査した本調査において、夫の仕事に対して、妻の約半数(51.7%)は不満を有しているという結果となりました。
一方、夫の仕事が原因で離婚を意識する妻は、わずかに全体の6%程度に留まっていることから、「亭主がまじめに働いていれば、妻が離婚を考えることは少ない」ということを示しています。

≪前のページへ戻る

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン