リスモン調べ

最新

リスモン調べとは
キャラクターブランド調査」、「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しており、今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでまいります。

あの会社に勤める人と結婚したい!!~『第4回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」調査』より~

2014年11月28日更新

今回で第4回となる本調査では、ランキング1位は、「トヨタ自動車」、次いで「全日本空輸(ANA)」が2位、以下、3位「三菱東京UFJ銀行」、4位「タニタ」、5位「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が、上位5社となりました。

≫詳しくはこちら

社長のイメージが強い会社はどこ?!~『第2回「経営者のイメージが強いと感じる日本企業」調査』より~

2014年10月31日更新

第2回「経営者のイメージが強いと感じる日本企業」アンケートのランキング1位は「ソフトバンク 【孫正義】」(回答率34.0%)となりました。次いで「ジャパネットたかた 【高田明】」、「楽天 【三木谷浩史】」(同30.6%)が同率2位となり、以下、「トヨタ自動車 【豊田章男】(同24.0%)、「日産自動車 【カルロス・ゴーン】」(同23.8%)となり、やはり連日マスメディアに取り上げられている企業が上位となりました。

≫詳しくはこちら

今年の日本一の金持ち会社はどこ?~第2回「金持ち企業ランキング」調査より~

2014年9月26日更新

第2回の今回も、「金持ち企業ランキング」ということで、売上ではなく、NetCashという指標を基に調査が行われました。今年は、1位「ファナック」(NetCash8,236億円)、2位「キヤノン」(同7,861億円)と続き、以下、3位「ヤフー」(同4,826億円)、4位「任天堂」(同4,742億円)、5位「大塚ホールディングス」(同3,875億円)という結果となりました。前回比較では、上位2社(ファナック、キヤノン)に変動はなく、3位ヤフーとの差が約3,000億円あることを考慮すると、当面は2強状態が続くことが予想されます。

≫詳しくはこちら

海外取引・進出する企業に求められるものとは?~第1回「海外取引・進出に関する動向」調査より~

2014年8月29日更新

管理職以上の有職者1,000人に対して、勤務先における海外企業との取引状況を調査したところ、6割近くが海外企業との取引を行っている結果となりました。取引先として最も多く挙げられた国・地域は、「中国」(回答率46.6%)であり、以下、第2位「アメリカ」(同42.1%)、第3位「ヨーロッパ」(同36.9%)、第4位「韓国」(同33.4%)、第5位「台湾」(同32.8%)と続きました。

≫詳しくはこちら

「モノづくり日本」を代表する企業はどこ?~『第1回「100 年後も生き残ると思う日本企業」調査』より~

2014年7月 4日更新

第1回「100 年後も生き残ると思う日本企業」アンケートのランキングは、1位「トヨタ自動車」、2位「本田技研工業(ホンダ)」、3位「日産自動車」とTOP3を自動車メーカーが占めました。日本の誇る自動車産業に対して、今後も引き続き日本経済を牽引していく大きな期待が寄せられていることが窺える結果となりました。

≫詳しくはこちら

<前の5件123456| 7| 8910次の5件>

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン