与信管理用語集

ビジネスパーソンが知っておきたい与信管理用語の意味や実務のポイントを解説しています。

検索項目

五十音

お調べしたい用語の頭文字の五十音をお選び下さい。

用語

お調べしたい用語をお選び下さい。

用語

強制競売(きょうせいけいばい)

解説

強制管理と並ぶ金銭債権を満足させるための不動産に対する強制執行の方法の一つで、執行裁判所が債務者の不動産を売却し、その代金をもって債務者の債務の弁済に充てる執行手続のことです。不動産に対する強制競売を検討する場合、不動産に担保権が設定されている場合には担保権者が優先するので、無担保権者としては、不動産がオーバーローン(担保割れ)状態か否かが重要な要素です。債権者としては、オーバーローンであろうという認識を持ちつつも、不動産に対する強制競売を申し立てられることは債務者にとって大きなインパクトがあるため、債務者に心理的プレッシャーを与える目的で不動産に対する強制競売を申し立てるということもあり得ます。対象となる不動産は、土地、建物その他登記のできる土地の定着物です。不動産の共有持分に対する競売も可能ではありますが、現実的には共有持分を競売しても利用は困難なので、評価額は低くなりがちです。

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン