与信管理用語集

ビジネスパーソンが知っておきたい与信管理用語の意味や実務のポイントを解説しています。

検索項目

五十音

お調べしたい用語の頭文字の五十音をお選び下さい。

用語

お調べしたい用語をお選び下さい。

用語

特定調停(とくていちょうてい)

解説

支払不能に陥るおそれのある債務者の経済的再生を図るために、民事調停法の特例として認められた調停のことです。特定調停を申立てることができるのは、支払不能に陥るおそれのある者、事業の継続に支障をきたすことなく弁済期にある債務を弁済することが困難である者、債務超過に陥るおそれのある法人であり、これらの者を「特定債務者」といいます。特定債務者は、債務者全員ではなく申立てた相手方との間でのみ調停を成立させることが可能です。もっとも、相手方の一部の債権者のみが有利になるような結果は許されず、結果は、公正かつ妥当で経済的合理性を有するものでなければならないとされています。特定調停は特定債務者のみが申立てることができ、債権者による申立ては認められません。

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン