与信管理用語集

ビジネスパーソンが知っておきたい与信管理用語の意味や実務のポイントを解説しています。

検索項目

五十音

お調べしたい用語の頭文字の五十音をお選び下さい。

用語

お調べしたい用語をお選び下さい。

用語

登記面積(とうきめんせき)

解説

不動産登記簿に記載されている土地、建物の面積のことです。土地の場合は「地積」、建物の場合は「床面積」といいます。土地については、登記簿上の「地積」と、実際に測量した面積(実測面積)とが違っていることが多いので、売買などの取引では、実測面積を求めることが必要になります。建物については、一戸建てのような一般建物では「壁芯面積」(へきしんめんせき)が、マンションなどの区分所有建物では「内法面積」(うちのりめんせき)が、登記簿上用いられています。壁芯面積とは、壁や柱の厚みの中心線で測られた建物の面積のことと定められており、「内法面積」は「壁芯面積」よりも壁の厚さの半分ほど面積が小さくなっています。

情報発信

与信管理お役立ち

最新情報はこちら

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町八番十八号
TEL:03-3231-0272

表示:スマートフォン | パソコン