与信管理用語集

ビジネスパーソンが知っておきたい与信管理用語の意味や実務のポイントを解説しています。

検索項目

五十音お調べしたい用語の頭文字の五十音をお選び下さい。

用語お調べしたい用語をお選び下さい。

用語履歴事項証明書(りれきじこうしょうめいしょ)

解説

現在有効な登記事項だけでなく、その企業の過去の登記履歴も記載している登記事項証明書のことです。商業変更や本店の移動などの履歴がすべて記載されており、抹消された項目は下線が引かれて表示されます。与信管理において情報収集を行う場合は、過去の情報も確認しながら企業の姿を浮き彫りにしていくために、現在事項証明書ではなく、履歴事項証明書を取得する必要があります。また、取引先からのヒアリング内容やホームページ、パンフレットに掲載されている沿革と比較することで虚偽を見抜くことができたり、不自然な動きを検知できる場合もあります。ただし、現在の履歴事項証明書は法務局のコンピュータ化以後の情報しか記録されていないので、コンピュータ化以前の情報を入手したい場合は、閉鎖事項証明書を取得する必要があります。

エンタメコンテンツ 企業なんでも診断 婚活スカウター 最新情報はこちら
RMI情報 twitter
Pagetop