与信情報(2014年)

最新

【企業分析講座~決算書の現況調査法24~】

2014年12月26日更新

譲渡担保が設定されている棚卸資産があれば契約書等で確認し、それに対応する債務を把握します。現地調査の際、担保権者が設置したプレートや立て札などがないか注意して確認します。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法23~】

2014年12月19日更新

外部の倉庫等に保管している棚卸資産については、預り証などを閲覧することで実在性について確認をします。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法22~】

2014年12月12日更新

在庫は可能な限り倉庫や工場など現地調査を行い、実在性について確認します。また、現場の責任者に実地棚卸の方法をヒアリングすることで、その精度の高低を確認することができます。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法21~】

2014年12月05日更新

在庫の単価は、会社所定の評価基準、評価方法に準拠しているか確かめます。一定の方法を用いて行っていればよいのですが、決算期に収益が出るような方法に変更しているようでは問題です。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑳~】

2014年11月28日更新

在庫管理は実地棚卸を行うことで、より正確な残高を把握できます。行っていない場合は、金額の算出方法を確認し合理性を検討する必要があります。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑲~】

2014年11月21日更新

棚卸資産の受払記録を確認し、売上・売掛金、仕入・買掛金の計上との整合性を確かめます。在庫や収支に影響を及ぼすことがあるため、受払管理を適切に行う必要があります。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑱~】

2014年11月14日更新

棚卸資産は特に粉飾が行われやすい勘定といえるので、回転期間分析などを行い、業績平均等と比較することで、予め金額の妥当性について見当を付けた上で調査します。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑰~】

2014年11月07日更新

外貨建て手形の場合は、レートを調べ、実勢レートで換算されているかをチェックします。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑯~】

2014年10月29日更新

不渡手形や期日延長を行っている手形、子会社・関連会社の手形、金額が固定している手形など回収可能性が疑わしい手形は、回収不能見込額および貸倒引当金の算定を行う必要があります。

詳しくはこちら

【企業分析講座~決算書の現況調査法⑮~】

2014年10月24日更新

売掛金と手形を合計して金額が大きい取引先に関しては、取引先別売上表と回収条件を照らし合わせて、金額の妥当性を確認する必要があります。

詳しくはこちら

最新情報はこちら

与信試験情報 twitter
Pagetop

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-5
TEL:03-3231-0272