与信情報(2019年)

最新

【与信管理講座⑲取引先リストを作ってリスクを把握しよう!】

2019年11月26日更新

個別取引先の管理に注力することで「木を見て森を見ず」というような部分的な管理で終わらないように、取引先の全体像を踏まえた管理をしていくことが重要です。このためには取引先のリストを活用していくとよいでしょう。(https://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap05-02.html)

詳しくはこちら

【与信管理講座⑱取引先与信の見直しをしよう!】

2019年09月30日更新

与信限度は順守しなければならないものですが、一度決めたら永遠にその与信限度を守り続けていく、というものではありません。 与信先の信用力や取引金額の変化に応じて、与信限度も柔軟に変えなければなりません。(https://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap05-01.html)

詳しくはこちら

【与信管理講座⑰与信限度を超過していないか確認しよう!】

2019年08月30日更新

限度管理においては、与信限度内での取引が行われているか、与信限度が未設定の販売先や、与信限度を超過している販売先がないかが確認項目となります。与信限度を超過するということは、当初見込んだ販売量を超えて取引が行われているということになりますので、その原因を突き止める必要があります。(https://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap04-04.html)

詳しくはこちら

【与信管理講座⑯販売代金が入金されているか確認しよう!】

2019年07月31日更新

基本契約が締結されると取引が開始されるわけですが、与信管理はここで終わりではありません。むしろここからが本番といっても過言ではありません。販売先を常日ごろから管理し、販売代金を確実に回収できるよう、債権管理や限度管理といった継続管理のプロセスを着実に実行していくことが大切です。これを徹底し、異常が現れた場合に注意深く分析することで回収漏れを防ぐことにつながります。(https://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap04-03.html)

詳しくはこちら

【与信管理講座⑮与信リスクを減らす担保とは?】

2019年06月28日更新

担保は、他の債権者に優先して自分の債権を回収できるようにするための手段です。大分類として①物的担保(不動産や商品・売掛金など「物」を担保に取るもの)と②人的担保(債務者以外の第三者(人、法人)に債務を担保してもらうもの)があり、さらに物的担保は契約を結ぶことで効力を得る③約定担保と法律で定められている④法廷担保に分けることができます。(https://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap04-02.html)

詳しくはこちら

【与信管理講座⑭取引先と契約を締結しよう!】

2019年05月28日更新

社内の承認手続き完了後は、取引先と契約を締結することとなります。全ての商取引は契約によって行われており、商売とは一つ一つの契約の積み重ねということができます。ひとたび取引先と利害が対立し紛争が発生すると、契約の思わぬ不備が発覚するなど、自社に大きな損害をもたらす場合もあります。(https://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap04-01.html)

詳しくはこちら

【与信管理講座⑬与信限度額の審議・決裁のしくみって?】

2019年02月04日更新

まずは、営業部門が相手方と商談を進め、取引先の候補となる目途がついた段階で信用調査(相手先に直接出向き、資料の提出を求めたり、現場観察したりする調査)を実施します。また同時に管理部門も業界や法律、信用調査会社、決算書分析等の調査(信用調査会社へ依頼)を実施します。ある程度信用調査が゙進み情報を入手した段階で営業部門と管理部門で意見のすり合わせを行います。(http://www.riskmonster.co.jp/yoshin/seminar/chap03-03.html)

詳しくはこちら

最新情報はこちら

与信試験情報 twitter
Pagetop

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-5
TEL:03-3231-0272