月次倒産分析レポート

最新

2022年3月度の倒産状況

2022年05月11日更新

■2022年3月度の倒産状況
倒産件数:593件(前年同月比 ▲6.5%)
負債総額:1,696億7,300万円(前年同月比 +20.0%)

倒産件数は前年同月比6.5%減(41件減)となり、3か月ぶりに500件台となりましたが、3月度では、1990年(502件)以来の低水準となりました。
3月の「新型コロナウイルス」関連倒産は205件発生し、集計を開始した2020年2月以降で初めて200件を超え累計件数は2,939件に達しています。

負債総額は、前年同月比20.0%増の1,696億7,300万円となり、2か月連続で前年同月を上回りました。負債100億円以上は(株)ホープエナジー(福岡、電力小売、破産)の負債300億円を含む3件発生し、負債100億円以上を含む同10億円以上が21件(同14件)、同5億円以上10億円未満が18件(同16件)と、中堅クラスが押し上げた。なお、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年2月度の倒産状況

2022年04月22日更新

■2022年2月度の倒産状況
倒産件数:459件(前年同月比 +2.9%)
負債総額:709億8,900万円(前年同月比 +5.2%)

倒産件数は前年同月比2.9%増(13件増)となり、9か月ぶりに前年同月を上回りましたが、2月度では、1990年(448件)に次ぐ低水準となりました。
2月の「新型コロナウイルス」関連倒産は142件発生し、2020年2月からの累計件数は2,731件に達しています

負債総額は、前年同月比5.2%増の709億8,900万円となり、4か月連ぶりに前年同月を上回りました。負債総額10億円以上が9件(前年同期15件)と減少したものの、カンポリサイクルプラザ(株)(京都府、廃棄物処理・再生業、特別清算)の負債79億円を含む同50億円以上の倒産が2件発生したことで、負債総額を押し上げました。なお、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年1月度の倒産状況

2022年03月08日更新

■2022年1月度の倒産状況
倒産件数:452件(前年同月比 ▲4.6%)
負債総額:669億4,000万円(前年同月比 ▲17.8%)

倒産件数は前年同月比4.6%減(22件減)となり、8か月連続で前年同月を下回りました。1月度では、1973年(449件)に次ぐ、低水準を記録しました。
1月の「新型コロナウイルス」関連倒産は120件発生し、2020年2月からの累計件数は2,589件に達しています。

負債総額は、前年同月比17.8%減の669億4,000万円となり、3か月連続で前年同月を下回りました。負債100億円以上の倒産は0件(前年同月1件)、同10億円以上の倒産は12件(同13件)にとどまったことにより、負債総額を押し下げました。なお、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年12月度の倒産状況

2022年02月22日更新

■2021年12月度の倒産状況
倒産件数:504件(前年同月比 ▲9.7%)
負債総額:931億8,100万円(前年同月比 ▲32.7%)

倒産件数は前年同月比9.7%減(54件減)となり、7か月連続で前年同月を下回りました。12月度では、1989年(493件)に次ぐ、低水準を記録しました。政府・自治体、金融機関の資金繰り支援策により、倒産が抑制されていることが窺えます。
12月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は143件発生し、2020年2月からの累計は2,467件に達しています。

負債総額は、前年同月比32.7%減の931億8,100万円となり、2か月連続で前年同月を下回りました。前年同月には(株)ダイヤメット(負債額577億9,000万円)が倒産した反動が大きく、負債総額を押し下げました。なお、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年9月度の倒産状況

2021年11月01日更新

■2021年9月度の倒産状況
倒産件数:505件(前年同月比 ▲10.6%)
負債総額:908億6,000万円(前年同月比 +28.4%)

倒産件数は前年同月比10.6%減(60件減)となり、4か月連続で前年同月を下回りました。9月度では1972年以降の50年間において最低水準を記録しました。政府・自治体、金融機関の資金繰り支援策により、倒産が抑制されていることが窺えます。
9月の「新型コロナウイルス」関連倒産は154件発生し、2021年1月から9月の累計は1,185件に達しています。

負債総額は、前年同月比28.4%増の908億6,000万円となり、2か月連続で前年同月を上回りました。負債総額10億円以上が12件(前年同期11件)、同5億円以上10億円未満が23件(同12件)と増加したことにより、負債総額を押し上げました。一方、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年8月倒産状況

2021年10月01日更新

■2021年8月度の倒産状況
倒産件数:466件(前年同月比 ▲30.1%)
負債総額:909億7,300万円(前年同月比 +25.6%)

倒産件数は前年同月比30.1%減(201件減)となり、3か月連続で前年同月を下回りました。8月度では1972年以降の50年間において最低水準を記録しました。政府・自治体、金融機関の資金繰り支援策により、倒産が抑制されていることが窺えます。
8月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は121件発生し、2021年1月から8月の累計は1,026件に達しています。

負債総額は、前年同月比25.6%増の909億7,300万円となり、2か月ぶりに前年同月を上回りました。負債総額10億円以上が25件(前年同期13件)と増加したことにより、負債総額を押し上げました。一方、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年7月倒産状況

2021年09月01日更新

■2021年7月度の倒産状況
倒産件数:476件(前年同月比 ▲39.7%)
負債総額:714億6,500万円(前年同月比 ▲29.1%)

倒産件数は前年同月比39.7%減(303件減)となり、2か月連続で前年同月を下回りました。7月度では1972年以降の50年間において最低水準を記録しました。政府・自治体、金融機関の資金繰り支援策により、倒産が抑制されていることが窺えます。
7月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は138件発生し、2020年2月以降の累計は1,702件発生しています。

負債総額は、前年同月比29.1%減の714億6,500万円となり、2か月連続で前年同月を下回りました。負債総額10億円以上が13件(前年同期24件)、同1億円以上5億円未満が68件(同126件)と大型倒産は減少傾向にあり、倒産件数の減少も相俟って負債総額を押し下げました。負債額1億円未満の倒産が全体の8割近くを占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年6月倒産状況

2021年08月02日更新

■2021年6月度の倒産状況
倒産件数:541件(前年同月比 ▲30.6%)
負債総額:685億6,600万円(前年同月比 ▲46.8%)

倒産件数は前年同月比30.6%減(239件減)となり、前年同月を2か月ぶりに下回りました。6月度では1972年以降の50年間で1990年の516件に次ぐ低水準を記録しました。政府・自治体、金融機関の資金繰り支援策により、倒産が抑制されていることが窺えます。
6月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は135件発生し、2020年2月以降の累計は1,560件発生しています。

負債総額は、前年同月比46.8%減の685億6,600万円となり、2か月ぶりに前年同月を下回りました。負債総額50億円以上の倒産が0件であった他、同1億円以上の大型倒産は減少傾向にあり、倒産件数の減少も相俟って負債総額を押し下げました。負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年5月倒産状況

2021年07月05日更新

■2021年5月度の倒産状況
倒産件数:472件(前年同月比 +50.3%)
負債総額:1,686億6,400万円(前年同月比 +107.4%)

倒産件数は前年同月比50.3%増(158件増)と大幅に増加しました。前年同月は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言で裁判所の一部業務が縮小したこと等により、倒産件数が低水準となった反動で、11カ月ぶりに前年同月を上回りました。ただし、5月度では1972年以降、2020年の314件に次ぐ2番目の低水準を記録しました。
5月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は123件発生し、2020年2月以降の累計は1,425件発生しています。

負債総額は、前年同月比107.3%増の1,686億6,400万円となり、2か月ぶりに前年同月を上回りました。負債100億円以上の倒産は、ホテル経営の(株)東京商事(東京、特別清算、負債額1,005億円)があり、負債総額を大きく引き上げました。負債額1億円未満の倒産が全体の8割近くを占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2021年4月倒産状況

2021年06月01日更新

■2021年4月度の倒産状況
倒産件数:477件(前年同月比 ▲35.8%)
負債総額:840億9,800万円(前年同月比 ▲40.5%)

倒産件数は前年同月比35.8%減(266件減)、2020年7月以降、10カ月連続で前年同月を下回りました。4月度では1972年以降の50年間で最低水準を記録しました。政府・自治体、金融機関の資金繰り支援策により、倒産が抑制されていることが窺えます。
4月の「新型コロナウイルス」関連倒産は、134件(2020年2月以降、累計1,299件)発生しています。

負債総額は、前年同月比40.5%減の840億9,800万円となり、2か月ぶりに前年同月を下回りました。負債100億円以上の倒産が1件発生しましたが、同10億円以上が14件(前年同月26件)、同5億円以上10億円未満が14件(同23件)、同1億円以上5億円未満が76件(同152件)と大型倒産は減少傾向にあり、倒産件数の減少も相俟って負債総額を押し下げました。負債額1億円未満の倒産が全体の8割近くを占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

最新情報はこちら

与信試験情報 twitter
Pagetop

リスク管理情報研究所
Risk Management Information Research Institute 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-5
TEL:03-3231-0272