月次倒産分析レポート

最新

2023年1月度の倒産状況

2023年03月03日更新

■2023年1月度の倒産状況
倒産件数:570件(前年同月比 +26.1%)
負債総額:565億2,400万円(前年同月比 ▲15.6%)

倒産件数は前年同月比26.1%増(118件増)となり、10か月連続で前年同月を上回りました。2か月連続で前年同期比20%を上回る増加率で推移しており、増勢を強めています。
1月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は234件発生し、2020年2月からの累計件数は5,000件に達しています。

負債総額は、2カ月連続で前年同月を下回りました。負債1億円以上5億円未満が113件(前年同月83件)、同5億円以上10億円未満が14件(同13件)と増加し、引き続き小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はないものの、中堅規模にも倒産が広がっています。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年12月度の倒産状況

2023年02月03日更新

■2022年12月度の倒産状況
倒産件数:606件(前年同月比 +20.2%)
負債総額:791億7,200万円(前年同月比 ▲15.0%)

倒産件数は前年同月比20.2%増(102件増)となり、9か月連続で前年同月を上回りました。2022年では9月の599件を上回り、倒産件数の増勢が鮮明になりました。
12月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は月間最多の243件発生し、2020年2月からの累計件数は4,764件に達しています。

負債総額は、2カ月ぶりに前年同月を下回りました。負債1億円以上5億円未満が126件(前年同月111件)、同5億円以上10億円未満が16件(同11件)と増加し、引き続き小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はないものの、中堅規模に倒産が広がりつつあります。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年11月度の倒産状況

2023年01月06日更新

■2022年11月度の倒産状況
倒産件数:581件(前年同月比 +13.9%)
負債総額:1,155億8,900万円(前年同月比 +22.8%)

倒産件数は前年同月比13.9%増(71件増)となり、8か月連続で前年同月を上回りました。倒産件数は低水準ながら増勢を強めています。
11月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は214件発生し、2020年2月からの累計件数は4,508件に達しています。

負債総額は、2カ月ぶりに前年同月を上回りました。負債1億円以上5億円未満が116件(前年同月112件)、同5億円以上10億円未満が23件(同15件)と増加し、引き続き小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はないものの、中堅規模に倒産が広がりつつあります。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年10月度の倒産状況

2022年12月02日更新

■2022年10月度の倒産状況
倒産件数:596件(前年同月比 +13.5%)
負債総額:869億9,500万円(前年同月比 ▲11.6%)

倒産件数は前年同月比13.5%増(71件増)となり、7か月連続で前年同月を上回りました。倒産件数は低水準ながら増勢を強めています。
10月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は230件発生し、2020年2月からの累計件数は4,293件に達しています。

負債総額は、5カ月ぶりに前年同月を下回りました。負債1億円以上5億円未満が146件(前年同月109件)、同5億円以上10億円未満が25件(同16件)と増加しましたが、負債総額10億円以上の大型倒産は6件(同17件)と大幅に減少し、負債を押し下げました。引き続き小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年9月度の倒産状況

2022年11月04日更新

■2022年9月度の倒産状況
倒産件数:599件(前年同月比 +18.6%)
負債総額:1,448億7,100万円(前年同月比 +59.4%)

倒産件数は前年同月比18.6%増(94件増)となり、6か月連続で前年同月を上回り、今年最多となりました。倒産件数は低水準ながら増勢を強めています。
9月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は210件発生し、2020年2月からの累計件数は4,062件に達しています。

負債総額は、4カ月連続で前年同月を上回り、9月としては2019年以来、3年ぶりに1,000億円を超えました。負債総額10億円以上の大型倒産は21件(前年同月12件)発生し、大型倒産が負債総額を押し上げました。また、同1億円以上5億円未満が122件(同100件)、同1億円未満が434件(構成比72.4%)発生しており、小・零細規模の倒産が中心ではあるものの、大型・中堅規模に倒産が広がりつつあります。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年8月度の倒産状況

2022年10月07日更新

■2022年8月度の倒産状況
倒産件数:492件(前年同月比 +5.5%)
負債総額:1,114億2,800万円(前年同月比 +22.4%)

倒産件数は前年同月比5.5%増(26件増)となり、5か月連続で前年同月を上回りました。倒産件数は低水準であるものの、底打ちから増勢に向けて潮目は変わりつつあります。
8月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は193件発生し、2020年2月からの累計件数は3,851件に達しています。

負債総額は、3カ月連続で前年同月を上回り、8月としては2018年以来、4年ぶりに1,000億円を超えました。負債総額10億円以上の大型倒産は16件(前年同月25件)と半減する一方で、同5億円以上10億円未満が23件(同14件)、同1億円以上5億円未満が125件(同89件)と、零細企業から中堅規模に倒産が広がりつつあります。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年7月度の倒産状況

2022年09月08日更新

■2022年7月度の倒産状況
倒産件数:494件(前年同月比 +3.8%)
負債総額:845億7,000万円(前年同月比 +18.3%)

倒産件数は前年同月比3.8%増(18件増)となり、4か月連続で前年同月を上回りました。倒産は低水準であるものの増勢局面が続き、底打ちから反転増の兆しが強まっています。
7月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は169件発生し、2020年2月からの累計件数は3,657件に達しています。

負債総額は、2カ月連続で前年同月を上回り、負債総額100億円以上が1件、同1億円以上5億円未満が125件(前年同月68件)と1.8倍に急増し、負債総額を押し上げました。負債1億円未満は345件(構成比69.8%)で、小・零細規模の倒産を中心にした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年6月度の倒産状況

2022年08月05日更新

■2022年6月度の倒産状況
倒産件数:546件(前年同月比 +0.9%)
負債総額:1兆2,325億8,300万円(前年同月比 +1,697.7%)

倒産件数は前年同月比0.9%増(5件増)となり、3か月連続で前年同月を上回った。倒産は抑制から増勢に潮目が変わりつつあるが、6月においては2年連続で500件台にとどまり、底打ちの様相をみせています。
6月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は200件発生し、2020年2月からの累計件数は3,485件に達しています。

負債総額は、3か月ぶりに前年同月を上回り、6月としては2017年以来、5年ぶりに1兆円台となりました。これは事業再生ADRによる再生手続を目指しながら全金融機関から同意を得られず、民事再生法の適用を申請したマレリホールディングス(株)(埼玉県、負債1兆1,330億円)の影響によるもので、負債全体の9割を占めています。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年5月度の倒産状況

2022年07月08日更新

■2022年5月度の倒産状況
倒産件数:524件(前年同月比 +11.0%)
負債総額:873億8,000万円(前年同月比 ▲48.2%)

倒産件数は前年同月比11.0%増(52件増)となり、2か月連続で前年同月を上回った。2カ月連続の増加は2019年9月~2020年4月(8か月間)以来、25カ月ぶりであり、倒産の底打ち感が強まっています。
5月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は191件発生し、2020年2月からの累計件数は3,284件に達しています。

負債総額は、前年5月の(株)東京商事(負債1,004億8,300万円)の大型倒産の反動で、前年同月比▲48.2%減の873億8,000万円となり、2か月連続で前年同月を下回りました。負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありませんが、同10億円以上が14件(前年同月11件)、同5億円以上10億円未満が21件(同13件)と、倒産が中規模企業にも広がっています。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

2022年4月度の倒産状況

2022年06月10日更新

■2022年4月度の倒産状況
倒産件数:486件(前年同月比 +1.9%)
負債総額:812億5,300万円(前年同月比 ▲3.4%)

倒産件数は前年同月比1.9%増(9件増)となり、2か月ぶりに前年同月を上回ったが、4月度では2年連続で400件台の低水準となりました。
4月の 「新型コロナウイルス」関連倒産は152件発生し、2020年2月からの累計件数は3,092件に達しています。

負債総額は、前年同月比▲3.4%減の812億5,300万円となり、3か月ぶりに前年同月を下回りました。負債100億円以上の倒産は2カ月ぶりにゼロで、同10億円以上が16件(前年同月14件)、同5億円以上10億円未満が19件(同14件)と、中堅クラスに広がった。なお、負債額1億円未満の倒産が全体の7割を占めており、小・零細規模倒産を主体とした推移に変化はありません。(株式会社東京商工リサーチ調査による)

最新情報はこちら

与信試験情報 twitter
TOP

TOP